2018-06-16

神話の世界へ – タミルナドゥ州・ラーメーシュワラム


ンド亜大陸の右下に位置するタミルナドゥ州、そしてその州の更に右下に突き出るように存在しているのがラーメーシュワラムという町である。

ここは、インドの古代叙事詩ラーマーヤナの舞台にもなった-ラーマ王子が妻のシータを助ける為にランカー島(恐らくここは現在のスリランカのこと)に渡る為に橋を架けた-場所と言われている。

そして正確に言うとこの町はインド亜大陸上には位置せず、沖合いから2キロほど離れたパーンバン島上にある。

早朝6時過ぎにマドゥライを出発した列車は長いこと山間の内陸部を走っていたが、3時間程過ぎた頃、窓の外-右手を眺めると遠くに海が見えてきた。暫くはその遠くに見える海と平行して走っていたのだが、列車に乗った小さい男の子が突然、「海だ!」と叫び、とても嬉しそうにはしゃぎ始めた。

そう、我々を乗せた列車はまさに大陸を離れ始め、全長およそ2キロのパーンバン橋を渡り始めようとしていた。

驚いた事にこの鉄道橋、海面から僅か7メートルほどの高さしかなく、しかも両サイドには欄干も何もない。その為右を見てもすぐ海、左を見てもすぐ海という絶景の中を走っていく。

橋に差し掛かると列車はカンカンカンと警笛を鳴らし始めスピードを緩め始める。
海の中の絶景を暫く走っていると、右手に見える車用の道路から沢山のインド人観光客が車やバスから降り、横一列にずらりと並んでいる。

皆、一様にこちら側に手を振ってくれているので、我々も振り返す。
そして、向こう側からは、指笛を鳴らす者、歓声を上げる者もあり、そんな中、周りを見るとどこまでも広がる鮮やかなブルーの海。

そんな余韻を残しながら、列車はラーメーシュワラム駅に到着した。

つながる!インディア






2018-06-03

山梨ー忍野へ


最近縁あってよく撮影させて頂いている山梨のお寺さんへまた撮影に行って来ました。

今回は忍野市
富士の麓にあり富士山がこんなにも目の前に!





寺院での撮影もそこそこに
この後は本堂の中も撮影させて頂きました。

庭で見つけた沢山の富士の溶岩・・・?でしょうか。

撮影も順調に終わり、せっかく忍野まで来たのだから、という訳で忍野八海へ寄り道して帰りました。
まだ富士も見えています。

彦兵衛屋敷より富士を望む


こちら果物屋さんで見つけたかわいいオブジェと果物の自動販売機



忍野八海へ行く道すがら、沢山の色々な花に出会いました。

ネコと少年にも

とっても長閑な、そして日本的な光景




そして到着、忍野八海ー
その名の通りここいら周辺には八つの池があります。全て富士の湧水



実はここには17年ぐらい前に訪れた事があるのですが、中国人の観光客が激増していて驚きました。
年末の京都・祇園もそうでしたが、最近はどこに行っても中国人観光客に出会う気がする。



 これらはまた別の池、そして富士もそろそろ隠れてきました。







とは言え、水はやはり抜群に綺麗でした。

観光客も増えたのか、割と色々整備していました。

久し振りの忍野
そして以前訪れてから17年も経ったなんて信じられませんが、考えてみればその頃と今の自分はあまり変わっていないような気もする、そんな不思議も今回感じました。

久し振りに間近で富士山も見ましたが、やはりいいですね。
水道局のマークも富士山マークでこれまたかわいい感じでした。





2018-05-19

砂曼荼羅の世界-ジャンムー・カシミール レー

北インドの遥か彼方、ラダック地方。ここにはまだ色濃くチベット文化が残っている。

ラダック地方の中心都市、レーに滞在したのは僅か2週間足らずであったが、その期間中に砂曼荼羅の製作を見られたのはとても幸運だった。

砂曼荼羅を製作していたスピトクゴンパ(ゴンパとは寺院の意)までは街の中心地からバスで約20分という距離だった為、6日間にも及ぶ製作期間中、足繁く通い4人の僧侶達が製作する過程を毎日見る事ができた。

4人と言っても日々同じ僧侶が製作する訳ではなく、ある程度の時間が来たら交代、と言う形を取り総勢7,8名の僧侶が製作に携わっていた。

砂曼荼羅はまず中心部分を丹念に制作し、そこから徐々に大きく円を広げるように製作されていった。完成後は5日間寺院内に展示され最後は僧侶達によるプジャー(祈祷)が行われ、その後壊して川に流してしまう。

折角、手間隙かけて作ったのに壊してしまうなんて勿体無い!と考えがちであるが、全ての万物は流転するという思想に則ったこの行いは仏教の思想をよく現しているとも言える。

幸運にも最後川に流すところまで見守る事ができ、製作した砂の一部を別れ際に僧侶からお守りとして頂いた。

時々この砂を眺めスピトクでの懐かしい日々を思い出している。

「つながる!インディア」

2018-04-22

横浜で写真展3つ

横浜で開催されている(いた)写真展3つほどご紹介
まずはもう終わってしまいましたが沢田教一さんの「その視線の先に」展

ご存知ベトナム戦争を取材されていた沢田さん
ベトナムだけでなくそこに暮らす人々や何気ない風景など、これまで見たことなかった写真も展示してあり見応えありました。

沢田さんはカンボジアで取材中に殉職

2年前の2016年に久し振りにベトナムのサイゴンを訪れた妻のサタさん
「こんな平和なサイゴンを沢田さに見せてあげたかった」という言葉が印象的でした。


お次は横浜駅構内で開催中
森日出夫さんのエキナカ写真展「ハローグットバイ」

普段から懇意にさせていただいている写真家の森さん
ご存知メリーさんの写真など、巨大プリントもありで見応えありますので、横浜駅お越しの際はぜひに




そして
最後に紹介するのは、みなとみらい線・日本大通駅出てすぐにある
ニュースパーク(日本新聞博物館)で開催中のよみがえる沖縄1935

朝日新聞の記者さんが1935年に撮影し、その後行方知れずになっていたネガ
ー80年の時を経て大阪本社で見つかったというネガ277コマ

この写真が撮影された10年後には沖縄戦が始まり、壊滅的な打撃を受けてしまった沖縄。
写真に写っている人々はその後どうなってしまったのだろう、と考えると悲しくもあり、そして米軍基地もない、その当時の沖縄の風景を生き生きと写し取っている写真群、とても見応えありました。

こちらは7月1日まで開催ですので、ぜひ!



建物もとても素敵で、帰りにちょっと散策

そして滅多に図録とか写真集を購入しない私ですが、今回は写真集も購入してきました。












2018-04-01

横浜に花が咲く



久し振りのみなとみらい周辺、この日は横浜Bankartのファイナルへ
折角なので、私が好きな大桟橋周辺をまずはぶらりと

しかし、久し振りに来たら沢山の花、花、花で、すっかり春気分

海へ
そして、誰もが振り返って見ていた超大型犬
大人しそうでとってもかわいかった

日も傾き始め、目指すは大桟橋

桜と神奈川県庁、通称KING
しかしこの桜、ん?何か変・・・

いい感じの夕景
もう少し待とうと思いましたが、これ以上待っても空は赤く染まらないかなと思い、撤収。。

そしてBankARTに到着
この場所からはとりあえず他に移るとの事で、見慣れたこの景色ともお別れ
ここでは様々な思い出あり、そしてまた1つ横浜のいい場所が無くなってしまいとても寂しい気分です

いい感じのバスBARも何処かへ移動していました。
それよりもあのバスが動くとは驚き

本日はクロージングのParty
ここで出会った沢山の人達とも久々にお会いできて、思い出話やらこれからの話やらに花が咲きました。

この風景も見納め
とっても寂しいですが、これから新しくなる?!BankARTにもちょっぴり期待です。