2019-11-10

瀬戸内国際芸術祭2019~大島編

Day4
この日は電車で高松港へ
いつも通り過ぎていたこのオブジェ、撮影チャンスだとのんびり撮影していたら、、

港に到着したら女木島行きの切符売り場には長蛇の列が!
この時期の瀬戸芸はホント人が多くて、しかしまさかここまでとは。
女木島の切符を購入した時点で、既に乗ろうと思っていた10時発の船は出航してしまっており、次便は12時と言う。

今日は女木島の後は大島にも行こうと思っていたので、予定を変更し先に大島に行く事に。
11時15分の船に乗り込みます。

大島はハンセン病の国立療養所・大島青松園がある場所で普段は施設の関係者しか行けない島。
芸術祭の期間のみ渡航できるという事で、官有船で大島へ。
船は無料でした。


高松から30分ほどで大島に到着
現在も大島青松園内には入所者が静かに生活している場所なので、島もどこか他の島々とは違った雰囲気

島ではあまり見た事がない完全舗装の道
中央に控えれた白線は盲導線と呼ばれるもので、弱視になった患者さんがこれをたよりに歩くもの、だそうです。



まずは島の北側に位置する鴻池朋子さんの「リングワンデルング」を目指します。
20分ほどのトレッキングコースを巡る作品でした。
リングワンデルングとは、登山用語で悪天候で方向を見失って、無意識に円を描くように歩くこと。-長く閉ざされて戦前に入所者たちが切り開いた全長約1.5kmの遊歩道を復活させた作品-とのことです。



道々にこの島で暮らしていた人たちの言葉も。


現在歩いてるコース
なるほど、こののような感じなのですね。



こちらはこの道の成り立ちについて書かれたもののようです。


しばらく歩くと巨大な作品が。
この時は他に人も居なくとても静かな空間。
作品、そして背後からは瀬戸内の波の音、足元からは虫たちの鳴声、そして時折聞こえる鳥の羽ばたく音で、全ての世界が1つに調和して広がっていきました。


葉も紅葉が始まり、遠くに見えるのは女木島、男木島あたりの島々でしょうか。



あとは1周するまでのんびりと散策

途中竹の道を通り抜け、約20分の旅
この作品、とっても好きでした。

山川冬樹さんの「歩みきたりて」
終戦後、モンゴル抑留中にハンセン病が発覚し大島で暮らした歌人「政石蒙」さんの足跡を山川冬樹さんが辿るという空間アートと映像の作品で、この映像がとっても良かった。



こちらは長屋形式の軽症者用の寮での展示
「つながりの家」GALLERY15「海のこだま」
島に唯一残された木造船でした。



やさしい美術プロジェクトの「稀有の触手」
島の人が暮らしたこの長屋での写真や自助具、生活用具の展示でした。

入所者の方がここまで通って育てているという盆栽もありました。

青いオブジェが建物を覆い、部屋の中もくすんだ感じの青色、その中に1部屋あった白色の部屋は希望も感じさせてくれました。見るのに必死で撮影せず、、でした。

海に流れ着いた漂流物での作品-「すてられた海」
手前にある綱を引くと色んな言語で「どうして私を捨てたの?」という音声が流れてくる。

田島征三さんの「Nさんの人生・大島七十年」-木製便器の部屋-

高知県出身のNさんから入所時から隔離政策が行われていた時代の生活の様子を、
同郷の田島さんが聞き取り制作した空間アート
1つ1つの部屋に展示されていたこの作品は辛いものばかりだったけど
本当に自分にとって心に刺さり、写真を撮っている場合ではないと作品に
見入ってしまった。
我に返って最後の部屋で1枚だけ撮影

この作品を見られたこともそうですが、大島に来て本当に良かった。



この日もちょっと慌しくなりましたがこの後女木島に渡るので13時25分の船で一旦高松へ

2019-11-09

瀬戸内国際芸術祭2019~高見島編


島のハシゴはなかなか忙しいけれど折角西の方の島に来たという事で、粟島を後にし高見島へ

最後島の方々が見送ってくれました。




粟島から僅か25分で高見島へ到着
25分の距離ですが、また島の雰囲気も変わって、それも面白い


港に下りてまずは中島伽耶子さんの「時のふる家」
とても美しい!作品でした。


ん?
これは何だろう・・・
325歩くらい先にまた別の作品?があるらしい。。

325歩歩いている途中、島民の方々がドローンで記念撮影していました。
なかなかのハイテク!


うどん屋に何故かあったタピオカTeaを購入、とりあえずは325歩先を目指します。

そして、そこにあったのは・・・


なるほど!
そーいう事でしたか。
こちらparanoido adersonsによる「Long time no see」
先ほどの場所にあった廃屋を丸ごと1軒解体して作られた作品でした。


 遠くに見えるは讃岐富士の飯野山



粟島から駆け足でここまでやってきたので、ちょっと海を見ながら休憩
沢山作品も見たいけど、こーいう時間も必要ですね。


long time no seeを後にし、港方面に戻り、今度は港を出て右側方面へ


キリンも休憩中

こちら側は坂が凄くて歩いてちょっぴり疲れました。


キリンが見る先は瀬戸内の大自然
先ほどの粟島とはまた違った風景ですね。

こちらは村田のぞみさんの「まなうらの景色」
ステンレス線の作品でした。



よく見るとハートのマークが。



ロサナ・リオスさんの「家の”メメント・モリ”」
こちら20分待ちで、なんか丁度この集落に来たタイミングで本島から船が到着した時間と重なってしまって、どこも混雑していました。


中島伽耶子さんの「うつりかわりの家」
↑で紹介した「時のふる家」と同じ作家さんの作品でした。


藤野裕美子さんの「過日の同居」
こちらの色合い、とっても素敵でした。高見島ではlong time no seeとこの作品がお気に入りになりました。
時折窓から吹き込んでくる瀬戸内の風を感じながらの作品鑑賞


ちょっと駆け足になったけど、16時ちょい前の船で多度津港に戻ることに。
これを逃すと次は1時間半後になってしまうので、、。

乗客沢山の為、フェリーと別に臨時船も出動し、こちらの船に乗り込みます。

最後は作家さん自らお見送りしてくれました。


ここからはJRで高松に戻ります。



40分ほどで高松に到着
帰ってきたら素敵な夕日がお出迎え

この日はワールドカップラグビーの日本vs南アフリカ戦

なので夕飯は簡単に済ませて、部屋でラグビー観戦

初の西の島々巡りでしたが、とってもよかった。他、行けなかった島もあるのでまたの機会に行ってみたいですね。