2019-09-14

中之条ビエンナーレ2019 Vol.1

中之条ビエンナーレ2019へ

群馬県、中之条ビエンナーレはお初、というか実は群馬も初めてです。
しかしこれでめでたく日本列島津々浦々42県目、残り未到達は5県になりました。

早朝7時に横浜の作家さん仲間と待ち合わせ、車で拾ってもらい一路中之条へ

しかし環八で詰まってしまい、、9時を過ぎてもまだ東京から脱出できず。。。

その後埼玉を抜け順調に走り10時過ぎには群馬県へ!
群馬の人、誰もが声を揃えておススメするという永井食堂のもつ煮。
折角なので行ってみました。

朝10時半というのに5分ばかし待たされました。どーやらこの番号の上で待つらしい。

5分ほど待って店内へ。中はカウンターのみ。定食はこーやって縦置きでサーブされ、、
横向きにしようとするとお店のおばちゃんに、「そのまま縦で!」とやさしく諭されますw

お腹も満たし(というか朝10時半にしてのあの量でおなか一杯過ぎw)、ようやく見えてきました中之条の標識




駅前はこんな感じでなかなか素敵、と思ったら、この馬の壁画も作品の一部でした。
どーりで。

本部でパスポートを購入し、早速駅前エリアを周ります。
こちらクレム・チェンとモモコ・ネギシさんの作品
早速好きな感じでした。


街中至るところに中之条ビエンナーレの看板、そしてこの辺りは何だか青梅街道っぽい。
いや、しかし、暑い!


何だか由緒ありそうな古い街並みを歩き、わんちゃんにも吠えられ、ひたすら歩きます。




時折、自然を愛で、なかなかいい芸術祭ですね。


こちらお寺xアート
林昌寺さん自体、素敵な古刹でした。

倉庫の中に入ると更に・・・。

こちらは上の写真とは別の会場で古いゲーセンの中での展示。
私の中でなかなかヒットしました。

こちら、ボタンを押すとその場所などが光るというよくある模型ですね。
場所が隠されててなんだ故障?と思いきや・・・こちらも作品でした。

町中にある素敵な建物、つむじ
中では作品も展示されていたり、食事もできたり、休憩もできたりとちょっとした複合スペース。

 こちら糸井潤さんの写真を使ったインスタレーション作品


暑さにやられしばし休憩。



駅前の会場は嘗てのゲーセンや電気屋などを利用したものが多く、なかなか面白かったですね。

こちらは昔の酒蔵を生かした会場。
中の造りも面白く楽しめました。


こちらこのエリアで1番好きだったかも。
記憶や存在をテーマにした西島雄志さんの作品
全貌はぜひ!会場で。


こちらは横浜で何度かお会いしたことある金子さんの作品
紫陽花もまだちょっとだけ咲いていました。

真っ赤に咲くセルビア
兎に角中之条辺り一体この時期はセルビアだらけ。とても綺麗でした。

最後に名久田教場を訪れこの日はおしまい。
一路、今夜の宿、草津へと向かいます。



2019-09-01

写真と暮らし研究所1周年 海のミーティングに参加してきました。

鈴木さや香ちゃんが主催する「写真と暮らし研究所」、昨年のオープニングレセプションに引き続き、今年は1周年パーティー!の海のミーティングにお呼ばれしてきました。

あれからもう1年と思ったり、
でも、まぁ1年はこれぐらいの早さか、とか思ったりの久々の鎌倉、材木座


海に辿り着くまでのこの道が好きだったりします。


そして、見えてきました、海!
波高め、です。



まだまだ夏は続きそうな気配ですが、この海の家の空間も8月31日で一旦解体、また来年!という事になります。



1年ぶりの方々
みなさんお元気そうで何より。





この場所で1年ぶりに会えるのは嬉しい事ですが、普段から時間作ってもっと他の場所でも会ったりしないとなぁとも思ったり。




主催者の鈴木さや香嬢
写真と暮らし研究所のサイトはこちら




思うに海の写真ばかり、、
海の家の片隅ではBBQもやっていたので、BBQの写真も撮ればよかった!
また来年、ですね。



まぁみなそれぞれに写真撮ったり、花火をやったり、お酒を飲んだり、歓談したりととてもよき会でした。


歓談の様子とか、さや香ちゃんのスピーチの様子とか!全く撮ってませんが、、そこは他の著名なカメラマンに任せて、的な感じになってしまっていたので、、このBlogではほとんど海の写真になってしまいましたが、今年もさや香ちゃんの思いを受け止め、また来年に繋がっていく会になったのではないかと思います。


ご丁寧に昨年のオープニングレセプションの写真たちをPhotobookにまとめてくれていました。私が撮った写真も幾つか使って頂きました。